医療脱毛とグレーゾーンについて。

脱毛は医療行為であるという厚生労働省の見解がありますので、エステで施術されるフラッシュ脱毛やハリを使った脱毛は、いわゆるグレーゾーンでの営業行為といえるでしょう。
もちろんクリニックなどで施術されるレーザー脱毛は、出力が高く効果も高いのですが、医師、または医師の下で指示を受けた者以外取り扱うことが禁止されていますので、エステでは出力を下げて使っているのです。そうすると脱毛の効果が下がるので、他のレーザーに似た作用を持つ光と合わせて施術することがあります。

クリニックですと、施術中にトラブルが起こった時でも、医療行為が行えるので安心ですが、エステの場合は治療行為が認められていません。
ですので、医療脱毛を受ける最大のメリットは、ずばり安全性だと言えるでしょう。

 

グレーゾーンを利用して脱毛を行う店舗もあります  内緒の行い


医療脱毛は本来、医師免許を取得していてなおかつ十分に機械の操作に慣れた人が行うものです。しかし、エステ店において性能の変わらない機械を開発し、出力を医療用よりは出ないようにして脱毛を実施している店舗も割りと多くて、こうしたエステ店はグレーゾーンを利用して施術を行っているといえます。このため、肌が赤くなって熱を持ってしまう人なども出て、治療費がさらにかかってしまうこともあるのです。
エステ店であっても医師の資格を有しているスタッフが働いていることもありますし、免許がいらない脱毛器もありますが、よくお店に確認して施術を受けることが大切です。

 

クリニックでの医療脱毛について。    


クリニックで施術される医療レーザーを使っての医療脱毛は、出力が高いのでたいへん効果的です。また、なんらかのトラブルが起きてしまった場合でも、医師や看護師がついているので、すばやく処置をしてもらえるので非常に安心して施術を受けることができます。
医療レーザーの使用は、医師や医師の指導を受けた者以外は扱うことができないので、美容サロンやエステでのレーザーを使った脱毛は、きわめてグレーゾーンの中での行為と言えるでしょう。

出力も、許可されている照射のレベルまでしか上げられないので、クリニックと比べて脱毛効果が劣ります。ですので、決められた範囲を超えて照射することもあり、火傷などの大きなトラブルに繋がるケースもたくさんあります。またトラブルが起きた場合に医療行為ができないので、アフターケアをしっかりとしてもらえるクリニックで脱毛されることをオススメします。

 

脱毛におけるグレーゾーンの認識について 


医療脱毛とは、医療施設にてしかるべき措置をほどこす脱毛のことを指します。美容エステサロンで行われる施術と根本的に異なり、医療用のレーザーを使用して脱毛されるため、毛の根元を断つ要領でとり行われていきます。この方法は、脱毛法におけるグレーゾーンと認識される傾向にあるため、エステでの施術と区別する必要があります。それには、脱毛法の違いを知ることが求められており、個々のニーズに沿って選択することが利用者に望まれるものとなります。ちなみに、医療脱毛は文字通り「医療行為」にあてはまるので、医師免許を取得したものでないと扱うことができません。